MLAT

マルチラテレーション

概要

マルチラテレーションは,何十年も前から航法や監視の分野で使用されてきた技術です。MLATは,航空機の位置を正確に特定するために開発された技術で,到着時間差を利用した方法である。MLATは,モードA,C,Sのすべてのトランスポンダで動作します。

メリット

既存のすべてのアビオニクスを使用:モードA/C,モードSおよびES
正確な表面監視
低消費電力&スケーラブル
迅速な展開

アプリケーション

仕組み

ADS-Bアウトトランスポンダーのない航空機は,位置や速度をブロードキャストしません。この場合,レーダーボックスは,航空機のモードSトランスポンダー信号を使用して,を使用して航空機の位置を正確に特定します。

上の図: MLATシステムの原則

MLATシステムコンポーネント

送信システムは通常,航空機のトランスポンダ(任意のモード)です。
送信を受信する受信アンテナと受信機。
MLATトラックを計算して出力する処理装置。

動作原理

  • MLATでは一般的に,送信中の航空機からの信号を受信できる受信機を,特定のエリアに理想的には最低3台(4台以上)設置する必要があります。この受信機ユニットは,航空機のトランスポンダから送信される応答を継続的に聞きます。
  • 航空機のトランスポンダから信号を放送する場合,3つ以上の地上局で受信する必要があります。個々の航空機は各地上局から異なる距離にあるため,わずかに異なる時間に各ステーションによって,応答が受信されます。
  • 次に,到着時間差(TDOA)が測定されます。TDOAは基本的に,航空機からの信号が受信機に到達するまでにかかる時間を計算します。これは,高度なコンピューター処理技術と中央のMLATサーバを使用して行われます
  • 計算されると,このデータはレーダーボックスWebサイトに表示されます。

レーダーボックスMLAT カバレッジ&適用

現在,米国の40%以上,欧州と日本の65%がMLATを適用しています。また,オーストラリア,インド,ブラジル,バングラデシュ,フィリピン,カタール,アラブ首長国連邦,ニュージーランドなど,限られた国ではありますが,カバー率は高まっています。レーダーボックスは,世界中のMLATカバー率を向上させるために常に努力しており,2025年までにアメリカとヨーロッパで80%のカバー率を目標としています。

MLATカバレッジの表示

あなたはレーダーボックスのウェブサイトにアクセスすることを許可されました。当社のサービスを継続して使用することにより、当社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

隠す